風水的に良いとされるマンションの間取りは?良くない時の対処法も解説

【特集】住宅購入

風水的に良いとされるマンションの間取りは?良くない時の対処法も解説

マンションの購入を検討するなかで、「風水」を意識する方も少なくないかと思います。
風水をおまじないの一種のように考える方もいらっしゃるかと思いますが、実は住みやすい環境を選ぶうえでは、理にかなった学問でもあるのです。
そこで今回は、風水的に良いとされるマンションの特徴や、風水的に良いとされる間取り、風水的に良くないマンションの対処法について解説します。

風水的に良いとされるマンションの特徴

まず建物の形について、風水的に運気が良いとされているマンションの形は、「四角形」や「箱型」になります。
風水において、建物の形と人の心は密接に関係すると考えられており、反対に円形型の建物は財運が逃げていくとされています。
また三角形の建物については、凹凸が多いため人間関係でストレスがたまりやすくなるともいわれているのです。
次に日当たりについて、風水において日当たりはとても重要とされているため、全体に太陽の光があたるマンションが良いでしょう。
日当たりの悪いマンションは、陽の気(良いパワー)が不足すると考えられているためです。

風水的に良いとされる間取り

風水でみる間取りにおいては、まず「玄関」を考えることが大切です。
玄関は家に運気を取り入れる入口ですが、良い気も悪い気も入ってくるため、少しでも良い気を取り込む必要があります。
そのために、広くて明るい、良い気が入りやすい雰囲気の玄関を選ぶことが大切なのです。
次に寝室について、風水では「北」の方角に平穏な気が宿り、エネルギーが充填されるとされているため、寝室の方位は北側に配置しましょう。

風水的に良くないマンションの対処法

基本的に、風水からみたマンションでは「5階以下の奇数階」のお部屋が良いとされています。
なぜなら、風水では「大地や樹木からエネルギーが伝わる」と考えられているだけでなく、奇数=陽、偶数=陰を意味するからです。
6階以上の中・高層階は大地のパワーが不足するため、風水的には良くないマンションにあたりますが、「観葉植物を配置する」ことで補うことができます。
また、中・高層階の場合も、太陽の光を多く取り込むことで金運が上がると考えられているため、窓をピカピカに拭きあげて、日光を多く室内に取り込めるようにしましょう。

風水的に良いとされるマンションの特徴

まとめ

風水的に運気が良いとされているマンションの形は「四角形」で、全体に太陽の光が当たるマンションが良いとされています。
また、広くて明るい、良い気が入りやすい雰囲気の玄関を選ぶことや、寝室を北の方角に配置することも風水的には重要な観点です。
もし6階以上の風水的に良くないとされる中・高層階のお部屋を選ぶ場合は、観葉植物を配置することで補うことが可能です。
藤枝市で不動産を探すなら不動産.com(ドットコム)株式会社にお任せください。
若者・ファミリー向けを中心に、新築戸建てやマンション・土地などの不動産情報を豊富に取り揃えています。
気になる物件がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。


”【特集】住宅購入”おすすめ記事

  • 「土地探し」に疲れた!その原因とやるべきことについて解説の画像

    「土地探し」に疲れた!その原因とやるべきことについて解説

    【特集】住宅購入

  • 住宅ローンの返済額を減らす方法とは?「総返済額」の減額についても解説の画像

    住宅ローンの返済額を減らす方法とは?「総返済額」の減額についても解説

    【特集】住宅購入

  • 「無担保の住宅ローン」とは?メリットや注意点について解説の画像

    「無担保の住宅ローン」とは?メリットや注意点について解説

    【特集】住宅購入

  • 「平屋」と「2階建て」はどっちが良い?それぞれのメリットについて解説の画像

    「平屋」と「2階建て」はどっちが良い?それぞれのメリットについて解説

    【特集】住宅購入

  • 「老後の住み替え」はなぜ良いの?理由やポイントも解説の画像

    「老後の住み替え」はなぜ良いの?理由やポイントも解説

    【特集】住宅購入

  • 住宅ローンに必要な「一般団信」の内容とは?注意点や付けられる特約も解説の画像

    住宅ローンに必要な「一般団信」の内容とは?注意点や付けられる特約も解説

    【特集】住宅購入

もっと見る